なんちゃってKitchen&home

お気楽奥さまの家庭科ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は、「子どもに贅沢をさせたり子どもに媚びる親には絶対にならない」と心に決めた鬼母であります。自分には母性本能がないのでは?と思うくらい子どもに甘えを許さず冷たい時があります。
例えばハッ〇ーセット。一度も買ってあげたことがありません。キャラクターものも、いただいてしまった以外は買ってあげません。「みんなが持ってるから」と欲しがる必要ないものは、「あなたが持たない限りみんなにはならないから」とはねのけます。キャラ弁は幼稚園最後の1回だけのりをハートに切ってあげたのが最初で最後です。(←キャラ弁といわない)
とにかく「うちはうち、よそはよそ」というルールを徹底的に守っているつもりです。

                                               ワイヤープランツ
その鬼母にどうしようもない弱みがあります。
子どもが怪我をしたり、体調を崩したりすると、ひたすら子どもの様子を見守るばかりの骨抜きな母になってしまいます。
小さい時はよく熱を出したものでしたが、その度に私の具合が悪くなっていました。息子が滑り台から落ちたと聞いて駆け付けた時は、倒れた姿を見た私の方が気絶寸前でした。
母は肝っ玉を太くしっかり冷静にならなければと思っているのに、実際は情けないったらありゃしない。

昨日、娘が朝から吐き気がして頭が痛いとトイレにこもりました。
さ~ぁ大変!
私の心臓はそれを聞いたとたんドキドキし始めます。熱を測ったり、背中をさすったり。頭の中では大した病気ではないとわかっていても症状が治まるまで気が気ではありません。息子のことはほったらかしで娘の周りをうろうろ…。
学校を休ませて、ベッドに眠らせていても寝息をじーっと聞いてしまいます。
幸い、疲れからきた症状のようで昼過ぎにはすっかり元気になった様子でした。しかし、私は病気扱いのまま読み聞かせをしたりして、寝かされている娘はじれったそうにしてました。

夜ごはんも普通どおりに食べ、いつものようにおやすみを言っても、ベッドの横で熱は出たりしないか、そわそわと心配する私でした。

                  寝ているモーリー

普通の母に戻ったのは今朝でした。朝の挨拶をし、おでこに手を当て顔色を見てもうすっかり元気だと納得できてやっと平常心になれました。

「あなたたちが元気じゃないとママがもっと元気じゃなくなるから健康には気をつけるのよ!」と言い聞かせています。

                こういう心配が親ごころなんでしょうか?
                     ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
                  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

コメント

長女のときの私は、そうでした。まさに、鬼母。エルマムさんと一緒です。
キャラクターものや、ぬいぐるみ、ハッ○ーセットなんて小学生になるまで、知らなかった気がします。
小学校の書道道具も、みんなの持っている箱バックみたいなセットは、買いませんでした。
それでも、納得してくれる子どもでした。

と思っていましたが、鬼母に、納得させられていたんだとあるとき気がつきました。

長女は、なんでも鬼母に了解を得ようとします。
鬼母が怖くて自己主張できないんじゃないか、と考えさせられました。

現在も、譲れない一線はありますが、
主張すれば叶えられる、ということを感じてもらいたくて、いろいろ目をつぶっているところもあります。

それでも、各人各様、次女はまるっきり違います。私もまだまだ、迷わない振りして、迷っている子育てです。

子育てって、矛盾がいっぱいですね。

鬼母にはなりきれない私だなあ・・
ハッピーセットも買ってたし(笑)
でもそういういい加減なところも
娘たちは知ってて付き合ってくれてるみたいです。

risyonさま

こんばんは。
risyonさんはお子様の年齢が離れているので、やり直しが出来るんですね!
私は続いてるので二人まとめて一発勝負です(・_・;)
賭けですね~

私は、自分の子どもを生む前は小さな子どもはあまり得意ではなくて、中学生くらいの青い感性が好きした。(アンジェラアキの手紙には泣かされてます。)
今でも他人の子どもは苦手かも。赤ちゃんはかわいいですけどね。

そんな私なので、自分の子どもをどう育てたらいいのかとても悩んで、偏らないようにいろんな本を読みました。
そして、総合的に出した結論が「ぶれない子育て」でした。
ぶれた場合はその理由をきちんと子どもに話します。
この点はクールなAB型といわれる性格そのものです。

最近は子どもも反論してくるようになってきましたが、まだまだ墓穴掘ってます(笑)
そのうち正論を言うようになるんでしょうね。

そんな鬼母のくせに具合が悪かったり、出ている方向で救急車のサイレンが鳴ったりすると、
落ち着いていられなくなるんです。
看護師のようになりたいです。←チキンな私には無理な職業の一つ

kakoさま

kakoさんは鬼母にならなくても上手に子育てをしていらっしゃるんですよ!
私は心を鬼にしないと、芯の通った子育てが出来ないんだと思います。
ちょっと具合が悪いだけで平常心でいられない自分が全くもって不思議です。

こんばんは^^鬼母になりきれないパルです。
芯の通った子育てって、本当に大変ですよね。
出来ることならもう1度3歳の頃から・・とつい思いたくなります^^;
感情的に叱らない。今更ですが、これが今のわたしの課題です。
大きくなってきて、反論するようになってきた娘達。ついカーーッとしてしまうのです。
まだまだ若輩者の母親です。
ただし、エルマムさんとは逆で多少の怪我や風邪では
びくともしないわたし。
「大丈夫、大丈夫!舐めときゃ治る!」みたいな・・。
ある意味、鬼母です(笑)
芯の通ったエルマムさんもカッコイイですが、おろおろしているエルマムさんも人間的で好きです^^

パルさま

口の達者な女の子とママのマジ喧嘩!ってよくある話ですよね。
何がわかってそんな口をきくんだーーーー!!!って、わかります。
頭に来たら、自分との戦いになりますね。
で、私、家出します(^_^;)

>舐めときゃ治る
 パルさんはお仕事柄やはり落ち着いていられるんですね。
尊敬します。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lmom99.blog97.fc2.com/tb.php/180-b587b6fb

エルマム

Author:エルマム
いらっしゃいませ♪
なんちゃってではありますが、
「愛情・勤勉・聡明」を忘れずにいたい私です。

お楽しみいただけましたら励ましのクリックをお願いします。         ↓↓↓

     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
      にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
      にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

ありがとうございます♪

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。