FC2ブログ

なんちゃってKitchen&home

お気楽奥さまの家庭科ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
               梅1

子どもと大人の境界線はあいまいで、階段を一歩ずつ登るようなものなので、説明をし続ければそのうち理解するだろう、と私は思って子どもに接してきました。
傷ついたレコードのように(レコードを知らない人も多くなりましたが…)何度も何度も話さなければいけないことも未だにあります。
かと思えば、1回言ったか言わないかくらいできちんとわかっていることもあります。

どちらにしても小さな時から、落ち着いてきちんと話してあげることが大事だと思います。

梅3

子どもがキッチンに入って引き出しを開けまくって困るのでガードをするお宅を見ますが、うちは話してわかった様子なので、ガードはなんとなくしないまま過ごしました。

まだ息子がハイハイの時期、オープンなダイニングキッチンでの様子を思い出します。

「ここはママがお料理をする場所で、○○クンにとって楽しそうなものはたくさんあるけれど遊ぶ所じゃないの。危ないものもいっぱいあるから決してドアや引き出しは開けないで。ママは気を付けているけれど、もし○○クンが痛い思いをしたらママはとても悲しい」
と何度も話して、一度引き出しや扉の中を全部一緒に見て何に使うものか説明しました。
そして扉の中に全部しまい絶対に開けてはいけないと話しました。
ドアに手を挟んで痛いマネや、包丁で手を切ったら危ないマネもしつこくしました。

そうしていたら遊ぶものはないと悟ったのか、足元で見ていても遊んでいても扉を開けたり、台所道具で遊んだりすることはありませんでした。
まだ息子だけだったので目が行き届いたことも幸いしていましたが。
(赤ちゃんですので舐めて不衛生なスリッパやゴミ箱は撤収していました)

妹にも同じようにしました。
妹は、お兄ちゃんが一緒にいたので、雰囲気で感じ取り、兄よりもっと少ない説明だったように思います。
(引っ越してキッチンのみになっていました)
そんなわけで小さい子が二人いてもガードを必要と感じることなく普通に生活できました。

子どもの性格にもよると思います。                     
安全第一なので、もしかするとガードは必要なものだったのかもしれません。
でも、話しかけて説明してあげたことは間違いではなかったと思っています。
ハイハイの時期はしゃべれなくても母親の話すことはそのうち理解できるでしょう。
感情的にならずに何度も話すのはとても大変かもしれません。
しかし、そこはまだ赤ちゃん。
理解できなくても、何度も何度も話してあげて欲しいと思います。

紅梅

キッチンへの出入りをシャットアウトしなかったので、自然と手伝えることは一緒にやるように(やらせるように!)なりました。
踊り場で休んでいる時もあります。でも一歩ずつ、一歩ずつ階段を上って大人になっていってます…

               梅2

子どもの教育のランキングが予想以上に上がっていたので、焦って教育のお話です(汗)
今までのことを思い出して記事にしました。明日も続きます。応援クリックお願いしますm(__)m
                  ↓                   ↓
             にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ          
スポンサーサイト

エルマム

Author:エルマム
いらっしゃいませ♪
なんちゃってではありますが、
「愛情・勤勉・聡明」を忘れずにいたい私です。

お楽しみいただけましたら励ましのクリックをお願いします。         ↓↓↓

     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
      にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
      にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

ありがとうございます♪

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。