なんちゃってKitchen&home

お気楽奥さまの家庭科ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりのリメイク記事です。
とはいえ、最近の作品ではなく一昨年作った子ども用スカートです。

               スカート

Gジャンのどこ使ったかというと、袖の部分です。
わかりましたか?
袖を切り取り、脇下を解いて形を見ていたら子どものスカートの形だったので、少し脇の幅を出すためにパッチワークを入れて2枚合わせました。

   付けたし

ウエスト部分は見ごろの裾部分を解いて、ウエストに合わせ剥ぎ、ぐるっと縫いつけてゴムを通しました。
ベルト通しは夫のGパン解体時にとっておいたものを使いました。
                                         ウエスト部分

結局、ゴムと糸以外はぜーんぶリサイクルです。これで2シーズン着たので御の字です。
もう今年は着ないと思われ…また今度は何に変身させるか思案中です。
kakoさんのミッションが進まないわけですね(汗)

リメイクのアイデアに少しはなったでしょうか?応援クリックお願いしますm(__)m
    ↓            ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ        

ミッション2009 ワーク冊子など9+72=81/2009 残り1928
                    子どもに頼むと数はすぐ増えます。出せ、出せ、出すんだ~ 
スポンサーサイト
小倉朋子 「いただきます」を忘れた日本人 いただきますを忘れた日本人 

食事を通して様々なことが見えてくるというのはよくあります。
会社の入社面接で魚定食を食べる試験があると言うのも聞いたことがあります。

この本は上っ面のマナー本ではなく、日々の食事で命が続いていることに感謝し、人間としての生き方を今一度振り返ってみましょうという耳の痛い内容でした。
簡単・便利ばかりを追いかけてばかりでなく、質素でも心のこもった暮らしを心がけなければいけないと反省しました。

そして、また知らない言葉がありました。
「ケ」の日です。
ウィキで調べるというのもかなり安直ですが、とりあえず…wikipedia ハレとケ
ハレ(晴れ)=儀礼や祭、年中行事などの「非日常」
ケ(褻)=ふだんの生活である「日常」

私ってどれだけ物事を知らないんだろうと恥ずかしくなります。
でもここで記事にすれば忘れないと思うので…
そして思ったのは、ハレの日が特別な日であるのはもちろんですが、ケの日でも丁寧な暮らしが大切なことだと。

今は食洗機、洗濯機、何でも機械にお任せの時代です。
私も「自称・家電推進委員」とか言って便利ならいいみたいな口をきいていますが、その便利な機械を使える自分の環境に感謝する気持ちを忘れずにいたいと思いました。

                もうすぐ楽しいひな祭り

今一度呟いてみます。
    「大切なのは、どれだけ沢山のことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです。」
                                           マザーテレサの言葉

今日は読書感想文でした。よろしければ応援クリックお願いしますm(__)m
                  ↓                   ↓
             にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ          
我が家のほったらかし気味のベランダで健気に2年目を迎える植物たちが咲き始めました。

クリスマスローズ
クリスマスローズ
ガーデニング雑誌のブームに乗せられて育ててみようと思ったものの、咲いているのはお値段が上等なので、弱気で小さめの苗を購入してみたものです。
様々な本が出版されてるので奥が深く魅せられる人も多いようです。
よく調べると1年目は咲かないとあり「待ちきれないなぁ」とショックでしたが、思ったより1年は早く過ぎました。

大した世話もしませんでしたが、きゃしゃな感じにひっそり咲いています。
下向きに控えめに咲いて、自己主張のない花だなと感じます。
そこがいいのでしょうが「かわいいんだから顔上げようよ!」と言いたくなります。

沈丁花開花
沈丁花
言わずと知れた薫り高き早春の花。
この香りを待って待って待ちわびる春です。
瑞々しい香りが街角ですると、どこからだろうとクンクンしながら知らないお宅の庭を思わずのぞいてしまいます。
去年蕾がいっぱいついた苗を購入し、大きな鉢に植え、育て方もよくわからないままベランダにおいて芳香を放っていました。
ほどなく香りの時期は終わり、気付けば葉っぱばかりになって「来年咲く」自信が全くないままこれまたほったらかし気味になっていました。
気づけば年末蕾が膨らみはじめ、徐々に色づいて再び開花しました。

花自体は地味で、可憐でもなく色も白か紫で香りがなければ振り向かないような木です。
その木が街中を香りで満たすほどになるなんて不思議な花です。
子どものころトイレに飾られた花を眺めながらいつもそう思っていました。
見た目が地味だから香りで勝負なんだろうなぁと思います。
でも香りの記憶は脳から離れません。
卒業という言葉を思い出し、背筋がピンとするさわやかな香りが今、ベランダを満たしてくれています。

ムスカリ
ムスカリ
去年掘り起こしたままの球根を年末に謝りながら植え直しをしてあげたものです。
強いとは聞いていましたが、ここまでとはちょっと驚きです。
地植えならともかく、使い古しで熱湯消毒しただけの痩せた土をその場しのぎで鉢に入れただけなのに、あっという間に芽を出し蕾を持ったと思ったらもう咲いています。
生き物の生命力はどこまで強いのでしょうか?
人間なんて、棘1本で痛くて仕方がないこともあるのに。
さわやかなブルーとすっきりとした香りについ自然と笑顔になって、他の蕾はないかな?なんて探しています。

同じような時期に咲く花ですが、クリスマスローズは冬の終わりをそっと告げる花、沈丁花は春までもう一息と励ましてくれる花、ムスカリは春の息吹きを表現する花、そんな気持ちで見つめています。

写真は土曜日に撮影しました。今週はお日さまが少なく寒いですね。

香りで季節の移ろいを感じる方、応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
      ↓           ↓
  にほんブログ村 その他生活ブログへ   
               ピクルス
               テーブルウェアフェスティバル・ハウス食品ブースにて

ドレッシング、購入して最後まで使い切らずに冷蔵庫で残ってしまいがちな食品ではないでしょうか?

我が家はドレッシングは買わずにそのつど作るようにしています。
でも、夫がたまに「趣向を変えて」とか言いながら買ってきて、結局残ることもありガッカリします。
そんなこんなで、ドレッシングは買うより作ったほうがいいなぁと思ってます。
「手作り」というと構えてしまう方も多いですが、実は簡単です。

酢・塩・油
好みでスパイス
基本はこれだけです。                       ざっと集合
しかしその組み合わせで何通りものドレッシングが出来ます。  組み合わせ~組み合わせ~♪

酢…醸造酢、米酢、バルサミコ酢、ワインビネガー、リンゴ酢、すし酢、ゆずポン、レモン
塩…塩、醤油、味噌
油…サラダ油、オリーブ油、ゴマ油、ピーナツバター、練りゴマ、マヨネーズ
スパイスその他…胡椒、バジル、ゴマ、わさび、辛子、マスタード、ネギ、にんにく、玉ねぎ
おまけに…砂糖、はちみつ、コンデンスミルク

結局、酢・塩・油・砂糖に属するものでいいのです。

比率は、酢が苦手な方…油2:酢1
     酢っぱい好きな方…油1:酢1
混ぜる順番は酢に塩など味を混ぜて最後に油で調節します。順番は絶対ではないので、あとから加えるのも問題ありません。
塩コショウなどは味見をしながら適当に。。。少~しずつ足していってください。
意外かもしれませんが、好みで砂糖類をほんの少し入れると味が丸くなります。入れ過ぎないでね。
癖のあるバルサミコ酢やごま油などは普通の酢や油と半量ずつでOK。

うちでよく作る一例をあげると、

〇バルサミコドレッシング=すし酢・バルサミコ酢+塩+オリーブ油+バジル・コショウ

〇胡麻ドレッシング=醸造酢+塩・味噌+サラダ油・練りゴマ・マヨネーズ+砂糖

〇フレンチドレッシング=すし酢+塩+サラダ油+はちみつ+コショウ

〇中華ドレッシング=醸造酢+塩・醤油+ごま油・サラダオイル+ごま

など、こんな感じです。

スーパーなどで美味しそうなドレッシングを見かけたら、裏の表示を良く見るとだいたいどんなものが入っているかわかるので、そこから工夫します。買いません
裏を見ると材料以外のいろんなものが入っていて、余計に買えなくなりますが…(^_^;)

ここで1品ご紹介。今は春菊の季節。最近はアクが少ないので生でも美味しいですよ♪
Cpicon 春菊のサラダ・バルサミコドレッシング by エルマム

バルサミコ酢やゴマペーストなどわざわざ買う必要は全くありませんが、あると何かと便利です。
使わないともったいないし邪魔になるので、隠し味などにも使って奥のある家庭料理を目指してください。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いしますm(__)m
ドレッシングを手作りしようと思った方  ドレッシング瓶の整理をしようと思った方   
        ↓                    ↓
   にほんブログ村 料理ブログへ            にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ

ミッション2009   化粧瓶など5+67=72/2009 残り1937 忘れているわけではありません

《追記》 2009・2・26
ドレッシングの容量が適正なのかを調べようとキューピーさんのサイトに行ったところこんな記事がありました。
参考にしてみてください。
キューピー ドレッシングの容量変更について
内木孝一 一生使える器選び  本 講談社

この本は和食器の疑問からお手入れ、うんちく、初歩的なカラーカタログまであり、初心者にはありがたい1冊の本でした。
その中で、箸置きについてほんの少し書かれていて興味深く読みました。

茶碗や皿に箸を渡しておくのは「渡り箸」と言って箸使いのタブーの一つだそうです。

知りませんでした(恥)
我が家は思いっきりやっています(・・;

… … …

焼き物ど素人のまま柿右衛門の窯に行った時、平然と「箸置きを買って帰ろう♪」と夫に言ったのを思い出します。
何も知らないって怖い~。
義母は息子が初めてお嫁さんを連れて帰った記念に、とお皿を購入していました(!)

柿右衛門や今右衛門の窯で現実を知った後に、深川製磁のアウトレットがあるチャイナオンザパーク(佐賀県西松浦郡有田町)に行きました。
そこで安心して購入したのが下の写真の「楓」です。
うちにある箸置きはこれだけです…春になるのに季節感がなくてすみません。
箸置き

ひとつ問題は食洗機でうまく洗えるかどうかでしたが、箸用かごに入れたら大丈夫そうです。
ただ、取り出しにくい。。。
食洗機投入

箸置きを一度使い始めれば、スムーズに箸が扱えるようになり、子どもの食事中の行儀が良くなったという人もいるのだとか…
自然に身に付く和食の基本マナーなのですね。
うちも面倒がらずに箸置きを使う生活にしてみようと思いました。

これから箸置きを使ってみようと思った方、応援クリックよろしくお願いしますm(__)m
      ↓           ↓
  にほんブログ村 その他生活ブログへ     
今日は私が大切にしている大好きな洋食器の紹介です。
ウエッジウッドと言えば、今年初めに「経営破たん」のニュースが飛び込んできて驚きましたが、現在はどこかの投資家がどうにか支えてくれて無くなってしまうことはなさそうです。ほっ

WEDGWOOD QUEEN'S PLAIN 裏

クイーンズプレインは白磁に美しい柄のウエッジウッドとは違い、普段使いに適したシリーズです。

結婚した時に友人何人か集まって贈るからとリクエストを聞かれて、
「和食器は佐賀の義母に一通りいただいているから、洋食器が欲しいな。」とだけ伝えておきました。
そしてプレゼントしてもらったのが、27㎝プレート、サラダボール、オバール大プレートでした。
新婚の2人に6枚は多く感じましたが、5枚よりとても使いやすい数字です。
外国はダースの国なので、洋食器は1/2ダースで贈ると良いと店員さんにアドバイスされたそうです。
27㎝・サラダボール

ティーポットは自分で購入しました。(クリーマーはいただきもの)
ぷくっと下が膨らんだかわいい丸さが気に入ってます。
残念ながら、カップ&ソーサーはちょっと好みの形では無いので持っていません。
ティーポット&クリーマー

使いやすさと、シンプル過ぎない適度なデザイン、やさしいクリーム色にすっかり惹かれ、バザーで走り、お祝い返しや子どもの誕生の度に数を増やしてきました。
我が家のクイーンズプレイン

飽きることなく毎日何気なく使い続けることができるこの食器を贈ってくれた友人たちに感謝しています。
これからも、脇役としてこのブログに登場していくと思います。

片付けもがんばります。応援クリックお願いしますm(__)m
    ↓             ↓
     にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
      菜花

昨日はわが子の小さい時の話をしました。
今日は「話していれば、わかってた」現在の話です。
子どもはいつの間にか親の手伝いをするようになります。
そばにいれば、お米の水を入れてもらったり、包丁を使いたがれば、5センチだけ切ってごらんという風にホントに少しずつ自然に自然に…

休日に学校役員の会合があった朝、寝坊した私は細かい指示をする時間もなく、「出来ることはやっときなさーい!昼には帰るから。じゃあね~」と2人を残し慌てて出かけました。
夫はすでに休日出勤していました。

会合をしているとあっという間に時間は過ぎます。
お昼になり、ちょっと心配になった私は自宅に電話をしました。
「ご飯炊けるでしょ?あとは卵かけて食べといて。味噌汁はもしできたら作ってみて。具は豆腐とねぎとわかめ。もうすぐ終わるから、よろしくね~」
何とも調子のいい母ですが、とりあえず昼の支度で出来そうなことを指示して電話を切りました。

やっと会議が終わった昼過ぎに家のことをようやく心配しながら帰宅し、玄関を開けるとなんだか妙に片付いてる空気が。。。

「うわぁ~」

朝ほったらかしで出かけたキッチンが片付いて、上履きが洗われて、掃除機をかけて、お花に水をやって、昼ご飯は私の分が配ぜんされて、パーフェクトです!

え~~こんなに出来るんだ!!!

配膳されたご飯も「栄養も考えて3色揃うようにした」と自慢げに話してます。
私はただひたすらに驚くばかり。卵も卵焼きになっている。味噌汁の具も野菜が多い、不思議だ…

たかが2年生と3年生。いつもは喧嘩ばかりで、いちいち言わないとやらないのに「やれば出来るんだ」…
いや、「やればできる」ことをやらせていなかったんだ!とかなりショックを受けました。

母親が家を空けることに慣れていないので、いつも以上に頑張ったのだと思いますし、両親がお仕事をされてるお子さんは、これくらい普通の事なのかもしれません。
しかし専業主婦の家庭で育つ子どもは、親がやることが当たり前になって、子どもができることまで手を出していることに気付かないまま子どもは大人になっているのだと感じました。

この日はたくさん褒めてあげました。
そして、これからは私が家にいても空気のように家事をこなしていただこうかと思案中ナリ。

                                       クロッカス

最後はお気楽奥さまに戻りました(^_^) 応援クリックお願いしますm(__)m
                  ↓                   ↓
             にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ          
               梅1

子どもと大人の境界線はあいまいで、階段を一歩ずつ登るようなものなので、説明をし続ければそのうち理解するだろう、と私は思って子どもに接してきました。
傷ついたレコードのように(レコードを知らない人も多くなりましたが…)何度も何度も話さなければいけないことも未だにあります。
かと思えば、1回言ったか言わないかくらいできちんとわかっていることもあります。

どちらにしても小さな時から、落ち着いてきちんと話してあげることが大事だと思います。

梅3

子どもがキッチンに入って引き出しを開けまくって困るのでガードをするお宅を見ますが、うちは話してわかった様子なので、ガードはなんとなくしないまま過ごしました。

まだ息子がハイハイの時期、オープンなダイニングキッチンでの様子を思い出します。

「ここはママがお料理をする場所で、○○クンにとって楽しそうなものはたくさんあるけれど遊ぶ所じゃないの。危ないものもいっぱいあるから決してドアや引き出しは開けないで。ママは気を付けているけれど、もし○○クンが痛い思いをしたらママはとても悲しい」
と何度も話して、一度引き出しや扉の中を全部一緒に見て何に使うものか説明しました。
そして扉の中に全部しまい絶対に開けてはいけないと話しました。
ドアに手を挟んで痛いマネや、包丁で手を切ったら危ないマネもしつこくしました。

そうしていたら遊ぶものはないと悟ったのか、足元で見ていても遊んでいても扉を開けたり、台所道具で遊んだりすることはありませんでした。
まだ息子だけだったので目が行き届いたことも幸いしていましたが。
(赤ちゃんですので舐めて不衛生なスリッパやゴミ箱は撤収していました)

妹にも同じようにしました。
妹は、お兄ちゃんが一緒にいたので、雰囲気で感じ取り、兄よりもっと少ない説明だったように思います。
(引っ越してキッチンのみになっていました)
そんなわけで小さい子が二人いてもガードを必要と感じることなく普通に生活できました。

子どもの性格にもよると思います。                     
安全第一なので、もしかするとガードは必要なものだったのかもしれません。
でも、話しかけて説明してあげたことは間違いではなかったと思っています。
ハイハイの時期はしゃべれなくても母親の話すことはそのうち理解できるでしょう。
感情的にならずに何度も話すのはとても大変かもしれません。
しかし、そこはまだ赤ちゃん。
理解できなくても、何度も何度も話してあげて欲しいと思います。

紅梅

キッチンへの出入りをシャットアウトしなかったので、自然と手伝えることは一緒にやるように(やらせるように!)なりました。
踊り場で休んでいる時もあります。でも一歩ずつ、一歩ずつ階段を上って大人になっていってます…

               梅2

子どもの教育のランキングが予想以上に上がっていたので、焦って教育のお話です(汗)
今までのことを思い出して記事にしました。明日も続きます。応援クリックお願いしますm(__)m
                  ↓                   ↓
             にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ          
献立にお悩みの方は多いと思います。
週末は「何が食べたい?」と調査しますが、月曜~金曜までは私の独壇場です。
だいたい当日の午後、冷蔵庫を見てから決めます。
結構ギリギリですが困ることはありません。簡単なルールがあるからです。
それは、昨日と違うものにする、5日間違うものにする、という2点です。
って当たり前ですが…

まず主菜から決めます。
肉か魚 これを交互にします。

あとは、種類や形、調理方法、味付けを変えるように考えます。パズル気分です。
肉…牛肉、豚肉、鶏肉
魚…いろいろなので前回と違うもの
肉の形…塊、スライス、ひき肉
調理方法…生、焼く、煮る、蒸す
味付け…和、洋、中華

この組み合わせをいろいろにして、季節の旬の野菜を合わせるとかなり献立の幅が広がります。
もし、献立が苦手な方がいたら、作れる料理で表にしてみると案外気持ちが楽になると思います。

そして私の決まり・その②は基本的に金曜日はパスタの日。
パスタにも赤(トマト)、白(クリーム)、透明(オイル)、肉、魚など種類はあるので、変えようと思えば2か月は違う味を口にできます。
(ちなみに今日はオイル+魚の予定。先週はトマト+ひき肉=ミートソースでした。)

献立を決めたら最後に「こまごはやさしい」は今日食べたかな~と考え直せばばっちりだと思います。

※我が家は卵、乳製品、果物は朝いただきます。

普通の日はこんな感じで決めますが、自分勝手なルールなので破るのも簡単。
昨日は夫が出張でしたので、手抜きのチャンス!
使いたい肉もある、冷蔵庫一掃もしたい、いろいろ作りたくない、と3拍子揃ったので「カレーライス」にしました。
いつものごちゃ混ぜカレーです
作りながら子どもに「今日の給食なんだった?」と聞くと
答えは明るく  「なん!」   「なん」って「ナン」だ…ということは
「ナン!」
                            「カレ~!」

    またやってしまった!!!

栄養士さんと、とぉ~っても気の合う母親です(^^;)
ガックリする私に子どもは「いいよ~ママのご飯好きだから!」と。。。
♪そう言ってくれてありがとう
                     粉チーズをかけるとおいしい
                  3杯も食べれば、ホントに気にしてないって証拠ですね!

そんなわけで、給食の献立表は気休めに貼ってあるだけで全く機能していません。
我が道を行く母でした。

ランキングに参加しています。応援のクリックお願いしますm(__)m
美味しいカレーの作り方を調べたい方  食材整理はカレーが一番の方   子どもに同情した方
        ↓                    ↓                      ↓
    にほんブログ村 料理ブログへ           にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ                にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
北欧のお菓子の本を借りてきてすっかり食いしん坊になっています。
今日はシナモンロールを作りました。

      フロスティング付きシナモンロール
                               (予定外に写真が大きかったけど実物大かも!)

      Cpicon シナボンになりたい★シナモンロール by エルマム

私が好きなのは、カモメ食堂のような上品なものではなく、こってりとしたアメリカーん!なシナボン風です。
一時期日本では一世を風靡したシナボンですが、現在日本ではアクアシティお台場店のみのようです。
リピーターもいるでしょうに…どーしてでしょうね~?

ここから愛しのシナボン談議

初めてシナボンを口にしたのはオーランドの空港でした。
シナモンは子どものころから大好きだったので、迷わずシナボンを注文。
そして、その大きさ甘さに、とにかくビックリ!
苦いコーヒーを飲みながら必死で食べたのを思い出します。
でもその甘さと香りにノックアウトされ、ハワイに行ってもシナボン食べなきゃと必死でした。
いや、一回り小さいミニボンでOKです。

時は移ろい結婚をし、海外旅行三昧の日々は夢のまた夢。
転勤生活で東京さえ実家に帰省した時しか行けなくなったころ、華々しくシナボンが吉祥寺に日本1号店を出しました。
それからどんどん店舗数は増え、ちょっとそこまでいけば気軽に買える商品になっていたというのに。。。
せっかく東京に戻ったころから次第に店舗数は減り、何と今では日本で1店舗のみ(T_T)/~~~
同じ東京とはいえ、我が家からお台場は簡単に行ける距離ではありません。

                買えぬなら 作ろう、しかも 簡単に!

             HBに投入 伸ばして広げて
             発酵前 焼き上がり

と、試行錯誤でシナボンに近い甘ーいシナモンロールにたどりついたわけでございます。
これなら、うちでいつでもできるから安心安心。
ここで自称「家電推進委員」はホームべーカリーをお勧めしちゃうわけですね(笑)
やはりモラセスを塗りたくる過程は必須でしょう。これでシナボンらしいコクが出せる気がします。
                    モラセスマイルド
              クリームチーズのフロスティングをお忘れなく~!これがポイント!

冬にマクドナルドでシナモンメルツがありましたよね?
あれは予想を裏切らない甘さで私は好きでした。

それからそれから、いただいた後はちょっと散歩に出かけましょう♪

思わず食べたくなってしまった方、応援クリックお願いしま~す(^^)/
             ↓           ↓          
         にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

エルマム

Author:エルマム
いらっしゃいませ♪
なんちゃってではありますが、
「愛情・勤勉・聡明」を忘れずにいたい私です。

お楽しみいただけましたら励ましのクリックをお願いします。         ↓↓↓

     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
      にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
      にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

ありがとうございます♪

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。