なんちゃってKitchen&home

お気楽奥さまの家庭科ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学校最後の読み聞かせはぜひこの本を、と思っていました。

                    かたあしだちょうのエルフ
                            かたあしだちょうのエルフ (おはなし名作絵本 9)

私が子供のころ家にあった本です。
地味な感じの版画で悲しいお話だけれども、エルフの気高い強さが美しく表現された最後のページに見入っていた記憶があります。
小学生の頃のことですから、それが感動ということとはわからずに、ただ何度も読んでいました。

数年前、図書館でこの本を見かけた時に久しぶりに読み直して、その時にやっとその理由がわかりました。そして、いつか読み聞かせの時間に子供たちにも読んであげたいと思っていたのです。
なので、いつになく練習をたくさんしてから息子のクラスで読んできました。

そして、6年生の為に読み聞かせてあげたかったというより、私自信が深く読みなおして感動したかったのだと気付きました。

                                      クリックお願いします♪
                                           ↓↓↓
                                         にほんブログ村 その他生活ブログへ
スポンサーサイト
              ほしにむすばれて
                  ほしにむすばれて (えほんのもり) 谷川俊太郎・文 えびなみつる・絵

もうひと月前のことですが、今年の読み聞かせは、4年生、5年生ともに上の写真の絵本 『ほしにむすばれて』にしました。
小学校の図書室で一目ぼれして読むことに決めた本です。
短時間で読める詩ですが、美しい星空の絵に引き込まれて、読み終えると何とも言えない穏やかな気持になる絵本です。

いつもは暴れん坊の男の子が身を乗り出して真剣に聞いてくれていたのがとても嬉しかったです。



                                      クリックお願いします♪
                                           ↓↓↓
                                         にほんブログ村 その他生活ブログへ
                   06242010

スポーツナビより
ACミラン、マンチェスターC、バレンシア、セビリアなど複数の欧州クラブから獲得に興味を示される中で「オレの希望(クラブ)は皆さんも知ってるでしょ?オレは常に上を見てますから」と言い放った。最終目標はあくまで、かねて公言しているRマドリードの10番であることを強調。

南アフリカW杯で活躍した本田圭佑選手の目標は、「レアルマドリードで10番を付けること」だそうです

このニュースを見て私はとてもがっかりしました。確かに小中学生レベルの目標なら志は高くていいねと思えますが、本田選手は既に海外で活躍する日本代表の選手です。
レアルマドリードがたくさんお金を持っていて世界中のタレントを集めて「銀河系軍団」と呼ばれているのは素人の私でも承知しています。レアルからオファーが来たとしたらこの上もなく光栄なことだとわかっています。多くの選手の憧れはレアルでしょう。実はわが息子も「レアル好き~♪」ですから。

でも、今の本田選手のレベルからすると目標として「レアルの10番」ってちっちゃくないですか?高級ブランドを目標にするって日本人的なのかな?それでこのニュースを見た人はスゲーさすが本田△(ホンダサンカッケー)って思うのかしら?

どうしてバロンドールをもらえるプレーヤーになりたいとか、W杯で優勝したいとか、俺がプレーすることでそのクラブをビッグにするとか…自分自身のプレーをを目標にしないのかな。せめてメディアの前だけでも。。。

「それならレアル10番のユニフォーム買ってあげるから着てれば!」って私がお母さんだったら叱るよ。

                                       クリックお願いします♪
                                           ↓↓↓
                                         にほんブログ村 その他生活ブログへ
今日は子どもの運動会でした。

我が家にも一応ビデオはあるのですが、古くて使い物になりません。なので、ここ数年はビデオも写真もなくLIVEでの運動会観戦に懸けています。
写真も?とお思いでしょうが、写真を撮ろうとするとファインダー越しでしか見えないのでせっかくの応援も消化不良な感じで好きではありません。しかも撮った写真はブレブレだったりすることも多いので、業者さんの写真を当てにすることにしています。(高いのがちょっとねぇ…)

ただ、そんな応援をする時に周りに気をつけないと、知らない方のビデオに私の叫び声が思いっきり入ってしまうこともあるのです。そう考えると大きな声を出すのにも躊躇してしまいます。
わが子の出番では「うちの子が走るから叫んでいい?」なんて友達に聞きつつ、実は暗に周りの方へのお断りだったりして(^^;)

出来ることならそんなことを気にせず、大きな声で「がんばれぇぇぇ~!」と声援を送りたいし、組体操やダンスなども惜しみない拍手や歓声をあげたいなと思います。

記録として残していない我が家の運動会後の夕食時は、「あーだった、こーだった」と記憶と事実の確かめが大変です。

                            にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 
  マラソン大会

先日、地区のマラソン大会がありました。息子は試合で参加できなかったので、娘だけが走りました。
結果は練習もほとんどしなかったので惨憺たるもの。本人も『練習しないとダメだ』ってよく解ったみたいです。走るセンスのある子は練習なんてしなくてもすーいすい走ってましたけど。

                              puma 002
                   娘の練習の伴走にと始めた私のジョギング。大会が終わっても走ってます。

お正月が過ぎ久しぶりに乗った体重計にビックリし、たるんだおなかを引き締めるべく始めた減量大作戦。約ひと月の成果を発表します。

《実行したこと》
●自宅から半径2㎞以内に出掛ける時は歩く
…歩き始めたら何てことはないのですが、家を出るまでが気持ち的におっくうです。歩き始めれば、「自転車だったら寒いだろうな~」と考えて早歩きでガンガン進みます。体も温まるし簡単で良い方法です。

●週に4~5回、1・5㎞のジョギング
●ビールを飲まない
…ジョギングは夕方しているので、帰宅するとビールが飲みたくなるところをグッと堪えています。まぁ週末のワインは普通に飲んでいるので効果の程は?

●朝食をしっかり食べ、昼食は軽く、夕食のコメはおかわりしない。
…太った原因は、とにかく間食のカロリーが高かったと推測します。口寂しい時は、大根や人参等の野菜を一切れかじって気を紛らせてます。

●週1度のストレッチ教室

                         さて、これでどうなったかというと…




                          1.8kg減りました!
                          いってんはちきろ




腹筋などの筋トレはしていないので、ほにゃほにゃなままのおなか周りですが、ひとつかみ出来たお肉が若干減った気がします。
欲を言えば体脂肪率を減らして引き締まった筋肉が分かるバディを目指したいな~(壮大な夢)

                               応援のクリックお願いします♪
                                     ↓  ↓  ↓
                        贅肉の にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
                 797797 001

                      また泣いた!
                      息子にポイとメモ渡す

                            エルマム


                            にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 
               12年前の原稿
                年賀状整理まるで進まず。12年前のプリントゴッコの原稿発見!来年もこれにしちゃおうか!?


実は先週3日間も息子が学校をお休みしました。ただの風邪で。
週末の試合で汗をかいてそのまま冷えたのか、その前からの不摂生が祟ったのかは定かではありませんが、どうもげぼげほ咳をして怪しい感じがしていたらやはり月曜明け方に発熱。
ほらね…

息子が学校を休んだからと言って私の予定だっていろいろあるので、なんちゃってKitchenの日は部屋に押し込んで普通にレッスンを行いました。そのほかの外出も午前中だけということもあり留守番をさせて私は自分の予定通りに出かけました。
でもね、やはり気になるんですよ。ただの風邪でも健康で遊んでるわけじゃないと思うと。
なーんか集中できないというか…

なので病人を前に説教をしました。
「インフルエンザみたいな流行りものは仕方が無いとしてただの風邪をひくなんて自覚が足りません!」って。
「うーん」とか「ハ~イ」とかむにゃむにゃな返事しながらパジャマだけでうろうろして、それが自覚が無いって言ってるのよ!とまたまたご立腹。

ただの風邪だって万病の元で侮れないことだって承知しています。
微熱が続くなら膀胱炎?腎盂炎?
歯が抜けそうで痛いとか言うからそれも関係あるのかしら?ほっぺが痛いっておたふくじゃないでしょうね?
咳が続いたら、もしやマイコプラズマ?
親なら心配しますよね。

大人なら、「風邪かも!?」の予感があれば、早く寝たり簡単な薬をさっさと飲んだりしてホントの病気になる前に対処します。そういうことっていったい何歳くらいから出来るようになるのかしら?

新しい週が始まりましたが、最後の咳が出ています。早くシャキーンとすっきり治って欲しいです。

                            にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 
週に1度のガーデニングボランティアで久しぶりに土づくり作業をしました。

          土づくり 012

上の写真は今週作業後の写真です。後は1~2週に1度返して空気を入れる作業をすれば、来年春には栄養たっぷりの土になっているはずです。

                  土づくり

左上はこの夏に花壇から掘り返してきた痩せた土です。夏休み中すっかり裏門近くに寝かされていました。
小学校には業務用の生ごみ処理機が導入されたので給食残飯から「生ごみ処理物」を作ります。家庭生ごみ処理機をお持ちの方はわかると思いますが、サラサラの鰹節の香りがする「処理物」なのです。残飯とは程遠いので意外ですね。それが左下の写真。
そして、学校敷地内の空き地に枠を設置し、掘り返した土と「処理物」を混ぜて時折返して空気を入れていくと、冬は4ヶ月くらいでいい土が出来上がります。いい土かどうかは、返す時に気をつけてみていると…ミミズがニョロニョロしています。そうなればしめたもの、なのです。ちょっと「わーっ!(>_<)」ですが、がまんがまん。

実はうちの学校にはミミズボックスもあるので、ベテランガーデナーさんは耳を寄せて「ミミズの音がする!」って言うんですよ。私にはそこまでわかりませんが。

                                         IMG.jpg
                                      生ごみリサイクル クリックで拡大します

9月には、春に作った土を使って育てたグリーンカーテンネットのゴーヤを子どもたちは給食でおいしく食べました。
給食残飯→処理物→土→野菜(ゴーヤ)→給食→…まわってますね(^^)

冬はお休みがちと思われるガーデニング作業も、落ち葉掃きで腐葉土を作ったり、芽だしをしたり地味ながら大事な作業があります。
庭のないマンションに住む私は、このボランティアを始めていなければ、土は買ってくるものでしたし、化成肥料をまくばかりの汚れ知らずのガーデナーでした。ここに参加して土を触り、作ることで自然のサイクルを体で理解することが出来てきたような気がします。そして、自然と向き合う大変さと楽しさを感じています。

                            にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 
これは子どもには酷な話かもしれないし、親としても自分の首を絞めたかもしれない一件です。

「今度のお年玉は、手伝いや学習など生活態度全般を査定して決めます」宣言をしてしまいました。

                  配ぜん係

夜7時半過ぎに私と帰宅する娘に比べて、息子はサッカーもなく比較的時間があったある日の夕方。宿題を終え、のんきに一人でwiiを始めた息子に向かって私は普通に「お風呂を洗ってね」とお願いしました。
すると、「今日は○○子の番だから…」娘を呼びに行きました。娘は終わっていない宿題をしている様子です。
私は「遊んでる人がやれば?」と息子に言うと、いつものセリフ「僕ばっかり…」とむくれます。すぐさま私は「わかった。ママがやるから遊んでれば」と言ってお風呂掃除を始めました。
息子はすねながら「いいよやる!」と行った時すでに遅し。(私が家出した時と同じシチュエーションです。成長がないなぁ…)

私は突然冒頭のセリフを言っていました。

というのも、子どもの手伝いとはそもそもナンだろう?と考えました。義務のように押しつけ合いながらやるのではまったく意味がないように思います。小学校3,4年にもなり、簡単な一通りの生活に関する手伝いは習得させたつもりです。点数制にして、これをやったら○点、あれをやったら○点というのも成長がなさすぎます。点数制にしないまでも、いちいち「あれやって、これやって」と指示を出していたのではやらされている気持ちがあるだけで同じ屋根の下で協力し合うという意味はないのではないかと心配になりました。

以前よりは成長しているので、気を利かせるということを自然に身につけてほしいなと思います。たとえ自分が多くやっているなと感じていても、心では「やれやれ」と思っても、「ここは自分がやっておいたほうがいいだろうな」と割り切る努力をしてほしいなと思います。

しかし、まだ子ども、出来た時にはたくさんほめてあげなくてはいけません。
そんな気持ちで飛び出した「査定制度」

会社のボーナスじゃあるまいし、お年玉で査定ってどうよ?とちょっと悩んでいます。渡す時にきちんと理由を言える親でいられるかもちょっと心配です。

                       にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

          こすずめのぼうけん 006
                             「こすずめのぼうけん」

「読書週間」(10/27~11/9)の頃になると、小学校から「読み聞かせをしてみませんか?」というお便りが届きます。私は読み聞かせが好きというわけでも、上手でもありませんが、朝の5分のことなので子どもの学級で毎年読ませていただいてます。

どんな本がいいかなどは事前に司書の先生からのお話を参考にしたり、担任の先生と相談して1冊を決めています。最終的には、図書館で何冊か借りてきて、自分の子どもの前で読んで決めるのですが、案外幼い本でも喜ぶものです。

今年は「こすずめのぼうけん」にしました。
この本は、「読んで聞かせるなら4歳から、自分で読むのなら小学校低学年から」ということになっています。でも、絵本を読んでもらうのに年齢はあまり関係がないように思います。好きな本はなんどもなんども開きますものね。
表紙から裏表紙へとつながった絵はとてもきれいで、本当に近くの川をこすずめがちゅんちゅん冒険しているように思えてきます。

こすずめのセリフは天地人、与六役の加藤清史郎君になりきって 「あの、すみませんが、なかへ はいって やすませていただいて、いいでしょうか?」と読みました。

上手じゃないけど、たまには先生ではない人に読んでもらうのも面白いのでしょうか。いつも静かに聞いてくれます。絵本に見入る子どもたちのまなざしは、まるで元気ビームのようです。
今日はちょっと弾んだ気持ちになれた朝でした。

                       にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ 

エルマム

Author:エルマム
いらっしゃいませ♪
なんちゃってではありますが、
「愛情・勤勉・聡明」を忘れずにいたい私です。

お楽しみいただけましたら励ましのクリックをお願いします。         ↓↓↓

     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
      にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
      にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

ありがとうございます♪

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。